太らないビールの飲み方

「ビールっ腹」という言葉があるぐらいですから、ビールを飲むと太ってしまう。
そんなイメージを持つ女性も少なくないでしょう。

 

確かにビールは、飲み方に気を付けないと非常に太りやすいお酒です。
その理由は、ビール自体がカロリーが高いお酒である事、
そしてビールと相性がいいおつまみが太りやすいものが多いのです。
ビールは麦芽なので、カリウムが多く含まれます。
そのため、カリウムが体内に含まれると、ナトリウムのバランスを取ろうとし、塩分を欲してしまいます。
ビールに塩辛い食べ物の相性は抜群ですが、カロリー面では注意が必要です。

 

では次に、太らないビールの飲み方とは、ビールの飲む量を減らす事が大切です。
そのため、ビールのグラスは小さいサイズで飲みましょう。そしてとにかく飲むペースを落として下さい。
ビールばかり続けて飲まずに、間で水などの水分補給を小まめに行いましょう。

 

そしてビールのおつまみも、カロリーの低いものを選びましょう。
冷奴や枝豆、鶏のササミなど、低脂肪で高タンパク質な食材がオススメです。
また、食物繊維が豊富な食材、きのこ、海藻、サラダなどを、ビールを飲む前に食べて下さい。

 

そうする事で、血糖値の上昇を抑えてくれます。
またゆっくり食べてよく噛む事で、満腹中枢を刺激します。
ビールには食欲増進させる効果があるからこそ、
ビールを一気に飲んで、高カロリーのおつまみを食べてしまえば、
太ってしまうのは、当然の結果ですよね。

 

美味しくビールを楽しみたいからこそ、太らないビールの飲み方を意識して、飲むようにして下さい。

 

ビールが美味しい個室居酒屋 萬屋-ばんや- 吉祥寺店