地ビールで日本を巡る

日本は、言わずと知れた農業大国です。
農業とは食の根幹ともいえる重要な産業です。

 

日本各地を旅行した際に必ずといって良いほど美味しいものを食べられるのは、農業が盛んな証です。
すなわち、食を極めたプロフェッショナル達が割拠している日本は、地ビール生産に適した国といえます。

 

しかし、地ビールを生産していることがまだまだ知られていない地域が多いことも事実です。
日本の新たな魅力として、各地の地ビールについて学んでいきましょう。

 

ジャガイモや酪農などで有名な北海道は、地ビールの生産にも力を入れています。
広い北海道の中でも気候に違いがありますから、地ビールの味も少しずつ異なっているのです。

 

オホーツクビールは、日本で最初に地ビール製造の許可を受けた歴史ある銘柄です。
ラガーだけではなくエールも製造しており、惜しまぬ手間によって生まれた深いコクが特徴です。

 

ビールは水と麦芽、ホップの3つを原料としたお酒です。
道南で製造されている大沼ビールは、その中で水にこだわっています。

 

豊かな天然水と厳正な温度管理によって麦芽の味を引き出しているのです。
北海道は漁業も盛んですから、旅行へ訪れた際は旬の魚と地ビールを食すのも良いでしょう。

 

地元の居酒屋は、地域の特産品を生かした料理が提供されているため地ビールを味わう場所として最も適しているといえます。
石狩鍋やイカの塩辛など北海道の料理はお酒に合うものが多いのも嬉しいですよね。

 

北海道の郷土料理を売りにしている居酒屋には、高い確率で地ビールが置いてあるので、そうしたお店で味わうのもオススメです。