こんなところにも地ビールが

日本で地ビールを生産しているのは、北海道だけではありません。
山梨県はブドウやワインで有名ですが、実は地ビールも製造していたのです。

 

甲斐ドラフトビールという銘柄は、ドイツの技術を生かした麦芽100パーセントの地ビールです。
苦みの中にもほのかな甘みが混在しているため、他のビールとは一味違った仕上がりとなっています。

 

山梨県といえば、富士山が有名な観光名所です。
そこから湧き出た水を使ったビールも最近注目を集めています。

 

ふじやまビールという銘柄がその代表です。
やわらかい口当たりと喉越しは、毎日飲んでも飽きが来ない味です。

 

天下の台所として名を馳せた大阪の地ビールもチェックしておきましょう。
温泉水を用いた地底旅行という銘柄は、そのネーミングも相まって地ビール好きの中では知られた存在となっています。

 

温泉水のおかげで生まれた独特の旨味が何よりの魅力です。
苦さだけでなく爽やかな香りを演出する温泉水ビールは、1度飲んだら間違いなく癖になります。

 

地ビールはその土地でしか飲めない特別なお酒という先入観を持っていませんか?
ビールに力を入れている居酒屋の中には、美味しい地ビールを積極的に摂り寄せてくれるお店も多いのです。

 

何を取り寄せるかはお店側が決めるのが一般的ですが、お客からリクエストを取ることもあります。
常連客と呼ばれるほど通い詰めれば、お店側から希望を聞いてくれるかもしれません。

 

取り寄せてほしい地ビールがあるなら、積極的にお店の方と交流して好きな銘柄や味を伝えておくと良いでしょう。

 

やはりビールを飲むならスポーツバーですよね。おすすめは蒲田の貸切にも対応しているこちら