缶の地ビールの美味しい飲み方

最近の地ビール人気のおかげで、
地ビールがコンビニでも販売されるようになりました。

 

コンビニで発売されている地ビールは、缶ビールで売られている場合が多いですが、
缶ビールになると、せっかくの地ビールの風味が楽しめない
なんて思っている人はいませんか?

 

それは缶の地ビールが悪いのではなく、
あなたの飲み方、注ぎ方に問題があるのかもしれません。

 

まず、缶ビールはそのまま缶で飲むという人がいますが、
グラスに注いだ方が美味しく飲む事が出来ます。

 

そしてこの時、グラスへの注ぎ方もポイントです。

 

缶ビールをグラスに注ぐ時には、「三度注ぎ」がお勧めです。
三度注ぎとは、言葉通り、三回に分けて注ぐ事です。

 

まず1回目は、高い位置から注ぎ、グラスを泡で一杯にします。
そして2回目は、泡が減り始め、
グラスの半分の量になったタイミングで2回目を注ぎます。
ラストの3回目は、2回目に注いだ泡が減り、
グラスの淵から1センチ下がったところで、3回目を注ぎます。

 

この時はグラスの淵から1センチはみ出るぐらい、
イメージとしては泡がグラスにフタをする感じで注いでください。

 

三度注ぎをする事で、時間がたってもビールの香りが長持ちします。
また三度注ぎをすると、ビールの味が変化します。
ビールの味が変化する?と不思議に思うかもしれません。
これはビールの苦味が泡から液体に時間の経過とともに移動するからです。

 

人によっては、ビールもグラスも、
キンキンに冷やして飲むのが美味しいという人もいるでしょう。
しかし実はヒールは冷やし過ぎると味が劣化してしまいます。

 

特に地ビールの適温はそれぞれ異なるので、
何度に冷やせば美味しいのか確認してから冷やして下さい。
ビールが安くて利用しやすい居酒屋、たくみ 五反田店