ビールが苦手な人でも飲めるビール

ビールは苦いから苦手、何でビールを美味しいという人がいるんだろう?
そんなふうに疑問を思う人もいるでしょう。
別にビールを無理して飲む必要はありませんが、ビールの美味しさを知らないままなのは勿体ないと言えます。
なので、初心者でも飲みやすいビールをいくつか紹介します。

 

ビールを苦手な原因がビールの苦味なので、苦味の少ないビールなら飲みやすいと感じるはずです。
例えば「シメイ・ブルー」は、ベルギーのビールで、原料にフルーツやハーブを使用しています。
そのため苦味が少なく、爽やかでフルーティな味わいに仕上がっています。
ビールというよりも、ワイン感覚で飲む事が出来るでしょう。

 

他にもベルギービールは、苦味が少ない種類も多く、その中でも苦味がゼロと言われるのが「ヒューガルデンホワイト」です。
なぜ商品名にホワイトという言葉が使用されているのかというと、白く濁っているためです。
この白い濁りは酵母が原因で、酵母によって苦味ゼロで口当たりまろやかな味に仕上がっています。

 

海外産のビールや国内でもクラフトビールの中には、苦味が少なく飲みやすいビールも数多く存在します。
日本の大手ビールメーカーが販売しているビールは、ほとんどラガービールです。
そのため居酒屋などで飲むビールは、大半が苦味のあるビールです。

 

ですがエールビールは、フルーティな香りと苦味の少なさが特徴なので、クラフトビールではエールビールを中心に選んでみるといいでしょう。

 

「よなよなエール」は、グレープフルーツのような柑橘系のポップの香りと、モルトの甘みのバランスがいいビールです。