世界一美味しいビール

ビールは世界中で愛されているお酒です。
 

 

そのため、世界にはおよそ1万種類以上のビールの銘柄が存在すると言われています。
では、1万種類以上存在するビールの中で、世界一美味しいビールとはどの銘柄なのか気になりますよね。

 

では、海外ビールランキングでトップ3位に選ばれたビールを紹介します。
まず、3位は「ヒューガルデン・ホワイト」です。
ベルギーで造られているビールで、爽やかな酸味があり、フルーティで飲みやすいビールです。

 

炭酸が少なく、苦味がほとんどないので、女性に好まれるビールだと言えるでしょう。
ホワイトビールは、大麦麦芽に小麦を加えて、オレンジピールを加えているので、オレンジの香りがします。
生きた酵母で瓶内二次発酵を行うため、独特の美味しさがあり、ヒューガルデン・ホワイトは世界各地で愛されています。

 

2位の「バドワイザー」は、アメリカのビールですが、世界的に有名なビールです。
日本でも飲んだ事があるという人は多いでしょう。
爽やかで、すっきりとした味わいのビールです。

 

1位の「ハイネケン」は、麦芽100%のプレミアムビールです。
喉ごしがさっぱりしていて、飲みやすく、コクがありバランスのとれた味わいが人気です。
低温長期熟成で造られたビールなので、フルーティな香味が特徴だと言えるでしょう。
どんな料理にも合うため、170ヶ国以上で愛されているため、見事1位に輝きました。

 

世界一美味しいビールとして、海外で人気の3種類のビールを紹介しましたが、日本人にとっては日本人好みに造られた日本のメーカーのビールが世界一美味しいと感じるかもしれません。