ジンギスカンの魅力とビールとの相性

北海道から全国に人気が広まったジンギスカンですが、なぜここまで人気が広まったのか、その理由について紹介します。
まず、ジンギスカンはお肉料理の中では、ダントツでヘルシーな料理です。
ジンギスカンは、ラム肉を使用します。
ラム肉の脂肪分は溶けにくく、消化、吸収されづらいのです。
さらに、ラム肉には、脂肪の燃焼させるL-カルニチンという成分を多く含む良質なタンパク質が豊富です。
そして、あの特徴的なジンギスカン鍋は、余計な脂肪分を全て落としてくれる構造になっているので、非常にヘルシーなので、女性からの人気も高くなっています。

 

また先ほども紹介した、ジンギスカン鍋ですが、真ん中のお肉を焼く部分が盛り上がり、野菜を焼くミゾの部分にお肉の旨み成分が溜まります。そのため、ジンギスカン鍋で焼いた野菜はとても美味しく、野菜をたくさん摂取出来るので、栄養のバランスがいいのもポイントです。
では、ジンギスカンが初めてという人のために、ジンギスカンの食べ方を紹介します。
ジンギスカンは、盛り上がった部分にお肉を、ミゾの部分に野菜をのせ、タレをかけて焼きます。
野菜と一緒に、茹でうどんを入れても美味しく頂けます。

 

ジンギスカン鍋の構造上、盛り上がった部分の裏が空洞なので、熱を閉じ込めるため、火の通りがよく、お肉がすぐに焼けます。
つまり、調理に時間も手間もかからないので、みんなが料理を食べる事に集中出来るのも魅力だと言えるでしょう。
それに、甘辛いジンギスカンのタレと、ビールとの相性も最高です。
その証拠に、北海道では、アサヒビール園、サッポロビール園、キリンビール園で、ジンギスカンが食べられます。
工場直送の新鮮な生ビールと、本場北海道で食べるジンギスカン、北海道に来たら、ぜひ寄ってもらいたいおススメのスポットです。