ビールの泡の役割について

お酌をする人が下手で、ビールが泡だらけになって、泡が消えると、グラスにはほとんどビールが残らなかった。
そんな経験をした事がある人も、少なくないでしょう。
世界中でいろんなメーカーからビールは販売されていますが、泡がないビールは存在しません。
では、ビールの泡は、ビールにとって、なぜ必要なのでしょうか?

 

ビールの泡の役割について、紹介したいと思います。
ビールは空気に触れると、成分が変化し味が落ちてしまいます。
ですが、ビールの泡によって蓋をする事で、炭酸ガスを逃がさずに、ビールの風味が変わるのを防いでいます。
ビールの苦味成分であるイソフムロンは、麦のタンパク質と結びついて泡を形成するため、ビールの苦味は泡に集まる傾向があります。
他にも、ビールの泡によって、クリーミーでなめらかな口当たりになります。

 

またビールの泡を見れば、ビールの状態は一目瞭然です。
例えば、注ぎ方に問題がないのに、ビールが泡ばかりになる場合は、ビールが冷えていない、もしくはビールを運ぶ時に振動が与えられた可能性があります。逆に泡が少ない場合は、冷やし過ぎです。
ビールの泡立ちや泡持ちを見れば、ビールの鮮度やグラスの洗い方、注ぎ方まで全て分かります。
つまり、いつ注文しても、ビールが美味しいお店は、しっかり管理が行き届いている良質なお店だと判断出来ます。
ビールの泡は、ビールを美味しく飲むためには、必要不可欠な存在だと言えるでしょう。

 

もちろん、いくらビールの泡が必要不可欠でも、グラスの半分以上がビールの泡という状況は、明らかに泡が多すぎます。
ビールが美味しく飲める比率は、ビールと泡が7:3の割合になる事です。
上手に注がれたビールの泡は長持ちするため、ビールを飲みほした後に、グラスに泡だけが残ります。
そうすると、苦みが少なく、スッキリと飲みやすいビールになるのです。

 

ビールと合う美味しいチーズのお店はこちらhttp://shibuya-f.net/