アメリカでクラフトビールが人気

アメリカのビールと言えば、バドワイザーをイメージする人も少なくないでしょう。
その認識が間違っているわけではありませんが、アメリカはクラフトビールも非常に盛んな国なのです。

 

そしてアメリカのクラフトビールの特徴は、非常に合理的だという点です。
ビールで合理的って何?そう思う人もいるかもしれません。
ですが、クラフトビールとは、地元にある小さな醸造所で職人が1本1本丁寧に手作業で造ったビール。
そんなふうに思っている人も多いでしょう。事実、日本やドイツでは、そのようなクラフトビールが主流です。
しかし、その場合、職人が一人前になるまでに、修行をして、クラフトビールが完成するまでに長い年月がかかります。

 

対してアメリカのクラフトビールは、ビール醸造の専門学校が存在し、ビールの造り方を習得します。
そうして、個人が合理的に、自分の造りたいビールの味を造りだすというわけです。

 

そして販売方法も、地元のスーパーにたくさんのクラフトビールが品揃えしてあり、気軽にクラフトビールを楽しむ事が出来ます。

 

特にアメリカのクラフトビールの中でも、注目されているのが、アメリカ西海岸にある「マイクロ・ブリュワリー」のビール工房です。
元々は、家族や友人と楽しむために、自宅のガレージで造り始めたのがスタートだと言われています。
今では、隠れ家的スポットや、ツアーが開催されるほど人気があり、個性的でフレッシュなクラフトビールが楽しめます。
日本でも、アメリカのクラフトビールがネットで購入出来ますし、また取り扱っている居酒屋も増えてきています。

 

ビールが美味しいお店。https://r.gnavi.co.jp/23bed20y0000/